「人とうまく付き合うことができない」ということは、
分かる人には分かるけど、分からない人は理解ができないという
”普通にできる”に人に対して、説明が難しい性質の1つです。

「コミュニケーション」という言葉は、<人と人との戯れ・触れ合い>という動詞として
またその様子を現わす名詞としても、何となく理解されている概念です。

非常に抽象的・概念的な使われ方をしている言葉であり
それがどういったものか改めて説明することは、簡単そうで難しいものでもあります。

ちなみに、英語である「Communication」という単語の本来の意味は

  • 名詞・・・「伝達(報道)」
  • 動詞・・・「伝える」

というような、やや堅苦しいものらしいですが
日本においては単なる<おしゃべり>的な使われ方が見られます。

また基本的には<仲良くする>という方向の触れ合いを指すものであり
<喧嘩>をコミュニケーションと考えることは、あまりありません。
(人によっては、喧嘩もコミュニケーションだと考えますが
結果的にマイナスな事態になることを、指すことはありません。)

「友好的な振る舞い」という意味で使われていることが多く、
仲良くするための手段であり、また目的でもあるものでもあります。

こうしてネチネチと考えてみると、本来の意味が分かってくるものです・・・

そして、この「コミュニケーションをとるための手段」
うまくできない人・苦手な人を指す言葉として、
「コミュ障」という言葉が、日に日に使われる頻度を増しています。

いつの間にか一般的な言葉になっていた、という典型的なものであり
おそらく、30歳以下であれば、通じる人は多いと思われる言葉です。

ただしこのコミュ障という言葉は、自虐的な使い方をする人や
また「全然大したことない症状」を、さも弱点のように言う人も増えてきており
憤りを覚えている、「ホンモノのコミュ障」の方は少なくないのではないでしょうか?

半ばギャグのような使われ方をされている様子が目立ちますが、
「コミュ障ってレベルじゃない」と、本気で悩んでいる場合は深刻なはずです。

基本的には「自意識過剰」が原因

「恥ずかしがり屋」という存在は、生まれながらの「気質」とも言えるものであり
それもその人の特徴であり、極端なケースも考えられます。

また「自分に自信がない」ことから、人とうまく付き合えないこと
相手に馬鹿にされることを恐れて、人付き合いを避ける人もいるはずです。

しかしながら、「ものすごい恥ずかしがり」や「卑屈さ」と
病的な症状というのは、一線を画すものと言えます。

単なるコミュ障では収まらず、<人混みで気を失う>といった
深刻な症状が見られる場合には、「パニック障害」といった神経症も疑われます。

ここでは、人とのコミュニケーションが極端に苦手なケースを考えていきますが
それには言うまでもなく、「自意識」が関わっており
人とうまく触れ合えないことは、自意識過剰が影響していると考えられます。

  • 不細工
  • 吃音(どもり)

といった、単純なことから

  • いじめの経験
  • 虐待

といった、過去のトラウマ等が影響していることも多く

  • 馬鹿にされるかもしれない
  • 恥をかくかもしれない
  • 馬鹿にされたくない
  • 恥をかきたくない

こういったものは、歪んだ自意識に他なりません。

いろいろ不便であることには違いない

元来、人と付き合う好きではない「あえてのコミュ障」もいるかもしれませんが
コミュ障という自分の性質に、悩んでいる人は多いはずです。

「本当は、ウェーイってしたい」と、そこまでいかなくとも
なんとか人並に人と付き合うことができれば、と考えることはあるはずです。

人付き合いが嫌いな人、コミュ障に悩んでいる人
いずれのケースであっても、「不利」であることには違いありません。

治せるなら治した方が、これから先楽しいことが起こる可能性は高いと言えます。

「コミュ障」の現実的な治し方

ここでは1つの例として、現実的なコミュ障の治し方を紹介します。

元来人間が嫌いな自分も、「リハビリ」として実践している方法です。

けっこう楽しいです。

「自分」を大切にするのをやめる

繰り返しになりますが、コミュ障の原因というのは
自意識過剰による、過剰な羞恥心であることがほとんどのはずです。

自信がないだけ・・・という人も、立派な自意識過剰です。

他人の自信なんか、気にしている人は意外と少ないものです。

「自分がかわいい」からこそ、自分が傷つくことを避けているのです。

一方で、人間が嫌いな人の中には「自分が嫌い」なという人もいるはずです。

「生まれ変われるなら、生まれ変わりたい」と。

しかしながら、それも自意識過剰です。

誰も他人のウィークポイントなんか、気にしていないですし
一番気にしているのは、他でもない自分です。

そういった人こそ、たとえ偽物でもいいから
「別の人生」を、作ってみることをぜひおすすめします。

「本当の自分」みたいなものは、一度おいておきます。

それだけでも楽になるはずであり、本当の自分とは別の
全く違う人間として、振舞う機会を作ってみて欲しいと思います。

「別(本来の自分とは異なる)の人格」を作ってみる

「人は誰もがその人を演じている」という格言のようなものを
耳にしたことがある人は、少なくないはずです。

なんとなく、”こういう人間”という振る舞いをしながら生きているはずです。

また、そういった大げさなものでなくても

  • 上司の前と同僚の前
  • 気になる異性の前とそうでない異性の前

シチュエーションごとに、人格を変えることは異常なことでもなんでもなく
当たり前のことであり、だからこそ「緊張」といった感覚があります。

コミュ障の人こそ、そういった「振る舞い方」を人一倍気にするはずです。

そしてこれは、コミュ障になってしまう理由でもあります。

だからこそ、「おちゃらけている人格」といったものを作り
「人の目を気にしなくい人間」として振舞うことが楽なのです。

あえて「羞恥心のない人間」を演じる

具体的には、

  • 知らない街のスナックでカラオケを歌う
  • 知らない駅で延々とけん玉をする

といった、「自分を知らない不特定多数の人」の前で
何らかの「おちゃらけた行為」をしてみましょう。

「犯罪行為」や、「本当に人が嫌がること」といったことをしなければいいのです。

「ピエロ」は、けっこう癖になります。

ポイントとしては、

  • 過去の自分を知らない人と付き合う
  • なるべく日常的に会わない人と触れ合う
  • 徐々にエスカレートさせる
  • 二度と会わないのもあり

絶対条件としては、「普段のコミュ障の自分を知らない人」
ゼロから関係性を作ること、会っている間は「ふざけた人間」として全うすることです。

「知らない街の知らない酒場ではしゃぐ」といった、簡単なことから始めてみましょう。

極端な例として、「SMクラブに通う大企業の幹部」といった話もあり
日常の自分を捨て去る行為が、いかに快感であるか分かります。

  • 羞恥心を捨てた振る舞い
  • ストレスの発散

このセットというのは、コミュ障の克服に非常に効果的と言えます。

いろいろな人格を試してみる

そして、この「本来の自分ではない自分」というのは
そのパターン(人格)が、いくつあってもいいものです。

そもそも、日常的なちょっとした振る舞いに変化を付けること
<人格の使い分け>がスムーズにできないことも、コミュ障の特徴と言えます。

そのため、様々なパターンの人格を持っておくことで
日常の中で態度を変える練習にもなるはずです。

「そんなことで、コミュ障が治るの?」

「そんな、馬鹿げことできない」

そう考える人は、非常にもったいないです。

騙されたと思って、ぜひ一度挑戦してみて欲しいと思います。

けっこう簡単で、面白いですよ。