できる人は、「なぜできないのか、理解に苦しむ」ようですが
普通の人ができることを、できない人間というのはたくさんいます。

そして、こと「夜働いている人々」にその割合が高いことは否定できない事実です。

欲望を<いいところで抑える>ことができない症状は、
その内容に関わらず、いわゆる「依存症」の一種と考えられ
場合によっては、「神経症」に含まれる症状とも考えられます。

対象となるモノ・行為は数あれど、この衝動をコントロールできないことは
現実的なトラブルを引き起こす・巻き込まれることもあり、非常に危険です。

近年は”若者の物欲の低下”による、経済の停滞等が懸念されていますが
「根本的な欲望」というものは、おそらく消えることがないものであり
科学・文明の進歩によって、その対象はより広がり続けているはずです。

欲望は一線を超えるとデメリットが発生してしまうもの

「欲望」というものは際限のないものですが、数ある欲望の対象の中でも

  • 食欲
  • 性欲
  • 睡眠欲

という人間(動物)が持つ三大欲求は、絶対になくなることはありません。

そに加えて、「物欲」や「所有欲」といったもの存在し
それらを制御できないことで、様々な弊害に悩んでいる人はそれほど珍しくありません。

程度の差こそあれ、「やっちゃった・・・」という経験は誰にでもあるはずですが
それが一瞬の過ち・一瞬の後悔で済まない人というのは、一定の割合で存在します。

そして食欲・性欲・物欲の異常には、具体的なデメリットを伴います。

あくまで一例として、まずは典型的な症状とそれによる弊害を簡単に紹介します。

「食欲」がコントロールできない

「食べることが好き」を超えて、食欲に異常な快感を感じ
自分の意志で止めることができません。

「食べたくないけど食べてしまう」という場合もあり、
これが「摂食障害」の一種である「過食症」に含まれるかは、微妙なようです。

当然のことながら、太るリスクが大きな行為と言えます。

また「食費」に関しても、”致命的”になることがあるようです。

「性欲」がコントロールできない

「ひとりでも」

「ふたりでも」

関係なく欲求を我慢することができない、危険を冒してでも求めてしまいます。

パートナーがいない場合には、「お金を払う」ことも増えてくるため
金銭的な負担というのは、非常に大きなものと言えます。

男女に関係なく見られる症状であり、「性病」や
場合によっては「脅迫(リベンジポルノ)」のリスクも無視できません。

「物欲」がコントロールできない

「買い物依存症」という言葉で知られることも多く、
「欲しいものがあったら、我慢できない」という症状です。

「今月は買えないな・・・」と思っていても、
キャッシング・ローン等を駆使し、何としても手に入れようとします。

対象によって、金銭的な負担は無限であり
「高いほど快感」という症状も、珍しくはないようです。

特に女性に多い症状として知られており
”返せないこと”で、性風俗に流れる女性は典型的な例と言えます。

本当は「別の不満」を抱えている可能性がある

以上の依存症は、いずれも<沸き続ける無限の欲望>によるものであり
その要因は、<かつて満たされなかった欲望>にあると言えます。

満たされるべきタイミングで、満たされることがなかった欲望

とも言える、「手遅れの要因」が影響していると考えられ
ぞの行動というのは、満たされなかった欲求の「代替行為」とも考えられます。

「みんな持っていて、自分も欲しかったけど、買ってもらえなかった」経験は
その典型的なものであり、ある意味で「トラウマ」とも言えるものです。

これは<お金がない家庭>だけでなく、子供の行動を極端に制限するような
やはり<子供をコントロールする親>に育てられた経験も関わるはずです。

一方で、「まともな家庭」で育った場合にも起こりえることであり
幼少期の<ボタンの掛け違い>が招いたものとも言えます。

また、特に女性の場合には「見栄」といったものも影響し
「これを着れば・持てば、もっと魅力的になれる!」といった、
強迫観念による、強迫行動とも言え、それは立派な「強迫神経症」です。

”そのままでは満たされることはない”と知っておく

刹那的な欲求を満たすこともできても、一瞬の満足を得ることができただけで
いずれ・近いうちに同じ行為を繰り返すことになるはずであり、終わりはありません。

いくら繰り返ても、絶対に満たされることはありません。

また、おそらく「我慢」はできないはずであり
我慢ができるのであれば、依存症ではありません。

また、「もうやめる!」という堅そうに見える意志や
「やめさせる」という決意は、そのほとんどが失敗に終わります。

そのため、単なる我慢する努力・気合だけではなく
専門の医療機関での「カウンセリング」が必要と言えます。

”おごることが快感”といったケースは、「孤独感」を埋めている行為であるとも考えられ
「寂しくない状況」を、お金の力で構築しているとも言えます。

そういった場合にも、やはり”よく見られたい(思われたい)”という
「承認欲求」が絡んでいることは、間違いないものと言えます。

いずれにしても「満たされるべき時期(幼少期の人格形成期)」
正常な承認をされなかったことによるものであり、
いずれにしても、家庭環境等の影響が大きいと言わざるを得ません。

そんなこと言われても、過去を変えることはできませんが。

PR:【高い時給と報酬】チャットレディの求人サイトおすすめランキング【最初に応募するべき】