「自己承認欲求」を満たすために、”夜の世界”で働く女性は多いです。

あるいは、”そで”で働くことでしか自分を認めることができない場合も。

それがもしもつらいなら、なんとかする方法を考えましょう。

「承認欲求」とはその名の通り、<自分を認めて欲しい>という欲望です。

基本的には、誰もが少なからず持っているものであり
無意識のうちに”折り合い”を付けて、日々を生きているものです。

しかし、中には”強すぎる”という人も存在し
それによって、メンドウな日常を送っている人も珍しくはありません。

この承認欲求の問題に関する悩みを抱えている人というのは、

自分自身が強すぎて困っているケース

強すぎる人が身近にいることによるトラブル

この2つのケースが存在します。

後者の場合は、基本的に<放っておけばいい>というものになりますが
「かまって(褒めて)あげないと、後でめんどくさい」ということも多く

そして前者の場合は、放っておかれることで
「かまって(褒めて)もらえないから、納得できない」ために
癇癪を起したり、落ち込んでしまったりすることになります。

承認欲求が、

  • 強くて困っている
  • 強い人に困っている

この問題というのは、常にどちらかの人が犠牲になってしまうものです。

しかし、”承認欲求が絡む生きづらさ”を抱えているのであれば

強くて困っている人は、少しでも軽減する努力を

強い人に困っている人は、相応しい対処法を

それぞれが、見つけていくことが大切です。

承認欲求の問題は、

「なぜ、そんなに強いのか?」

「どうすれは、納得できるのか?」

という「強い人目線」で考えることで、解決策を探ることができるはずです。

※承認欲求の問題というのは、精神病・神経症に欠かせないエッセンスであり
いいかげんなことは書けない内容にであるため、あくまで個人的な・ミクロな内容です。

「自分を見て欲しい」という気持ち強い理由とは

まず、承認欲求が強い人というのは

  • 劣等感が大きい
  • よく思われたい

基本的には、この2つのいずれかのパターンです。

またこれら以外にも、<傷つくことによって承認を得る>といった
まさに「性癖」と呼ばれるケースもあります。(いわゆる「マゾ」が分かりやすい例です。)

詳しくは、

  • 対等承認(人並みに思われたい)
  • 上位承認(人より上に思われたい)
  • 下位承認(マゾヒズムや依存)

と3つに分かれるようですが、結局は「自分を見て!」ということです。

「普通の人」であれば、そこまで強く思うことのないような<欲求>であり
どうしてそんな気持ちが、それも強く芽生えてしまうのか?という理由を
考える・知ることが、承認欲求に対処する鍵になるはずです。

劣等感(コンプレックス)

自己承認欲求の根本的な要因として、典型的なものが「劣等感(コンプレックス)」です。

  • 自信がないから褒めて欲しい
  • せめて人並みに見て欲しい
  • 舐められたくない
  • 人よりも優れていると思い込みたい
  • 劣っている自分が許せない

対等承認にしても、上位承認にしても、根底には同じものが潜んでいるはずです。
(下位承認の問題はより複雑であり、日常的に問題となるのは
対等・上位承認であるため、ここでは下位承認のケースは別ものとします。)

実は自信がない

承認欲求が強い人というのは、自分に自信がないことがその振る舞いに現れています。

これも、ある意味で劣等感の一部です。

とても優れている・仕事ができる人であっても、承認欲求が強い時点で本当は自信がありません。

そして「もっとくれ!」となってしまうのは、「埋めることができない穴」があるためです。

過去に「馬鹿にされていた」といったトラウマのようなものを持った人が
偶然にも権力を持った場合には、過去を取り戻すかのように威勢がよくなることがあります。

この<過去を取り戻す>という行動原理は、
あらゆる人格トラブルの、典型的な動機になるものです。

成金の金遣いが荒かったり

元いじめられっ子が部下をいじめたり

アイドルになりたかった女性が、子供にオーディションを受けさせたり

貧しく習い事ができなかった人間が、フィギュアスケートやバイオリンといった
極端にお金がかかることを子供にさせるのは、自分の「心の穴」を埋めるためです。

そういった穴は、<埋めれば埋まる>という場合と
いくら埋めようとしても、埋まらないケースがあります。

特に幼少期のトラウマ等が関わっている場合は、解消が難しいケースが多いようです。

「認めて欲しい気持ち」を軽くする方法

承認欲求が強い人間は、<納得>が欲しいはずです。

自分は他人と比べて劣っていない

自分は他人よりも優れている

その「証拠」を欲していますが、そんな証拠はどこにもないからこそ悩むのです。

「あんたはすごいよ!」で済めば、そもそも悩む必要はなく
上記したように、いくら褒められても終わりはないからこそ苦しいわけです。

承認欲求には、対等承認・上位承認・下位承認といったものとは別に

  • 他者承認
  • 自己承認

といった2つの要素があります。

言うまでもなく、

  • 人に認められたい
  • 自分を認めたい

ということですが、こと<納得する>ということを目的とした場合には
必ず「自分で自分を認めてあげる」ことが必要不可欠です。

そしてその最終的な目的とは、「他人が関係ない価値観」を作ること
「人の目を気にしない」という、考え方を作ってあげることです。

「他者の目」をどう思うか、ということに関しても
最終的に決めるのは自分であり、自分が納得していれば気にする必要はないからです。

自分の欲求と”逆に”行動してみる

「自分自身が納得するしかない」ということは、多くの方が分かっていることと思います。

そうは言っても、簡単ではないからこそ悩むはずです。

ここでは、あえて<逆に行く>ということを提案しておきます。

承認欲求が強い人というのは、基本的に褒められたいはずであり
「褒められたいからこそ、バカにされてみる」こともおすすめです。

「あえて恥をかく」というのは、冗談のようで有効な「ショック療法」と言えます。

「恥をかきたくない」というものと、「褒められたい」は表裏一体です。

恥をかくこと、バカにされることで道が開けることもあります。

承認欲求が強い人・褒められたい人をバカにする、というのは
諸刃の剣(逆上等)の場合もありますが、
その人のことを考えた際には、<やってあげる>ことも必要です。

承認欲求が強い人は、基本的に優れていることが多いです。

目標が高すぎる

目標をクリアしてもまた目標が現れる

終わりがありません。

褒める方も、疲れます。

褒めても、褒めても、納得できないのであれば、<いじる>という道もあるはずです。

くれぐれも、安全に気を付けて。