夜の世界や、技術のいらない肉体労働(自分の体と時間だけで稼げる死後よ)には
いわゆる「底辺」と言われているような、レールから外れた人が多いこと

親兄弟との不仲

天涯孤独

こういった属性に当てはまる人が多いことは事実です。

あくまで”普通の仕事をしている人達に比べて”ですが、間違いなく割合は高いはず。

それはもれなく、”育ちが悪い”ということでもあります。

そして、人を<信用(信頼)>することができないことも特徴的です。

そもそも、育ちが悪い人間に人は寄っていきたがりません。

ましてや、疑心暗鬼の人間と仲良くしようと思う物好きもなかなかいないものです。

その結果、”本質的にずっと独り”という「孤独スパイラル」に陥ってしまうことになります。

生きていくうえで「ひとり」は不利である

<何かのせいにする>というのは簡単であり、責任を転嫁するのはよくないことだと思います。

でもちょっと待ってくださいよ。

言い訳ぐらいさせてくださいよと。

うまく生きることができない人間には、「それなりの理由」もあるものでしょう。

「自分より不幸な人はいないんじゃないか?」と思うこともあるかもしれませんが
底辺世界にいると、「自分はまだ全然マシだ」と思えるような人も多いものです。

”比べる意味のなさ”に、気づくことでしょう。

「天涯孤独」という属性は少し特殊かもしれませんが、「頼れる人がいない」ということによって
また人とうまく関われないことによって、人生が苦しいものになっている人はたくさんいるはずです。

  • お金
  • メンタル

こういった要素がかかわる、ヘビーなトラブルが起こりやすいことも事実です。

「もういいや!」となってしまう人は、少なくないことと思います。

しかしながら、「どうでもいいや」というその感情こそが
自分を孤独に追いやってきたものであり、そのままの状態で生きることは建設的ではありません。

そういった状況・精神状態は、早くなんとかすべきなのです。

ひとりはこわい

とりとめない話でしたが、

お金に困っている

承認欲求が満たされない

心の病気に悩んでいる

何の目標もない

人生に絶望している

生きる意味が分からない

にもかかわらず、「人の助けが借りられない・頼れない」といった人は
自分が危険な状況であることを、早めに自覚することが大切です。

ひとりは大丈夫だけど、寂しいし、危険なものです。